<   2010年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

伸雄朝日新聞に掲載 第三話

改めて新聞から内容を読むと、だいぶまえに伸雄がこの状況教えてくれたことを
鮮明に思い出す。

共に悩み、共に立ち上がり、共に進み…

本当に様々な角度で伸雄を見てきたからこそ、泣けますね。

では、今日も朝日新聞の記事を読んでください!




右の腕から肩にかけてあった茶あざの一部がこぶのように膨らんだ伸雄さん(23)は
2003年7月、埼玉医大病院で切除を受けることになった。

永井さんの腕にある神経線維腫は、内部に多くの異常な血管がある「びまん性」というタイプだった。
これだと、出血を防ぐのに使う血管収縮剤という薬が効かない。

 
皮膚科の倉持朗医師は、先に血流を妨げてから腫瘍(しゅよう)を切除しようと考えた。
永井さんと両親に、絵を描きながら手法を説明した。


腫瘍と周辺の血管に造影剤を入れて観察しながら、
細いカテーテルを太ももから入れて1ミリ角のゼラチンスポンジを運び、
腫瘍内の異常な血管を1本ずつふさいで、血流をほとんどなくしてから切り取る、という。


永井さんは「すごい手術をするんだな」と感心した。


腫瘍が顔面にあれば、目や脳に影響するかもしれないので使えない。
どの患者にもできる手法ではなく、腕にあったのが幸いした。

手術の4日前、放射線科の医師がカテーテルを操作し、ゼラチンスポンジを入れた。
3時間ほどすると、腫瘍がしぼみ始めた。
手術当日の朝には、ぶよぶよとした以前のような感触がなくなり、
大きさも3分の2ほどになっていた。「なんか元気なくなったな」と永井さんは思った。

手術では、腕の盛り上がった部分と筋肉の中に入り込んでいた腫瘍の一部を切り取った。
出血量は約10ccで済んだ。

 内部の血流を事前に止めていなければ、1千~2千ccの出血があってもおかしくなかった。
今回の手法で「出血を200~300ccに抑えられればいい」と
みていた倉持医師にとって、予想外の少なさだった。
手術が無事に終わったことを、笑顔で両親に伝えた。

 


「すっきりしたな」。麻酔から覚めた永井さんは、腫瘍が消えた腕を見てうれしかった。
小さな膨らみがまだ二つ残っていたが、これなら残しても服の袖で隠せる。


術後も、腕に衝撃があると出血するため、高校の体育の授業は半分近く休んだ。
小学校から空手を続けていたが、骨肉腫の疑いを機に禁止されていた。
倉持医師にも「出血が危ないから、やめたほうがいい」と言われた。

 「ぶつからない空手もあるんです」。そう食い下がり、
対戦する「組手(くみて)」から、演武する「形(かた)」に転向することにした。


ということで、明日で最終話になります!
本当に勇気をありがとう!
[PR]
by happy-kouchan | 2010-12-10 23:09

伸雄 2話

昨日も綴ったが、今日も伸雄について書いていきたいと思う!

今日も朝日新聞にばっちり載っていた。

さっき伸雄自身から電話がきて、各方面から本当に反響を呼んでコメントを頂いているらしい

本当におめでとう!凄いね!

伸雄の両親と伸雄とのキズナが生んだ奇跡。

今日の朝日新聞に掲載されたものを載せよう。

第二話


伸雄さん(23)は中学3年のとき、右腕の骨折をきっかけに骨肉腫が疑われた。
腕の茶色のあざが膨らんでできたこぶも、難しい病気のようだった。

都内の大学病院で、骨を詳しく調べたが、悪性の細胞は見つからなかった。
折れた骨は自然にくっつき、
脳にあった腫瘍(しゅよう)のように見えた影も2、3カ月のうちに消えた。


がんの心配がなくなった高校入学の直前、埼玉医大病院皮膚科を受診した。

ひじのこぶ状の腫瘍と、腕や腹部の茶あざを見た倉持朗(くらもちあきら)医師(54)は
紹介元の医師と同じように、レックリングハウゼン病だと思った。

MRI画像で、筋肉の中まで腫瘍が入り込んでいた。
骨折手術での大出血は、腫瘍があると知らずに切ったためとみられた。


神経線維腫症1型(NF1)とも呼ばれるこの病気は、
たくさんの茶色のあざと、皮膚や神経内に神経線維腫という腫瘍ができる。
遺伝子の変異が原因で、患者は国内に約4万人いるとされ、根本的な治療法はまだなく、
国が難病に指定している。


一般に、幼い頃は茶あざがあるだけだ。
腫瘍は5歳~10代半ばに現れることが多く、腫瘍の形状などで4種類に分かれる。
永井さんの場合、膨らんで垂れ下がる「びまん性」というタイプだった。

中には骨が変形したり、まれに脳腫瘍ができたりする患者もいる。
でも、永井さんの場合、骨折や脳で一時的に見えた影との関連は、はっきりしなかった。

倉持医師は「腫瘍が悪性になることはめったになく、取るかどうかは永井くん次第です」と言った。
すぐに取らなくても問題はないが、強くぶつけたりしてけがをすると大出血につながりやすい、という。

説明を受けた永井さんは、「取りたいです」と返事した。

ひじの辺りにあるこぶは、半袖の服だと大きいサイズを着ても隠せなかった。

取れるものなら取ってほしかった。

倉持医師は年間100人以上、NF1の患者を診ていた。
「びまん性」の手術では通常、大量の出血が避けられない。
腫瘍のなかに異常な血管がたくさんあるためだ。

当時、血液の流れをできるだけ止める
「塞栓(そくせん)術」をしたうえで神経線維腫を切除する方法が、
国内外で何例か発表されていた。まだ一般的ではなかったが、
「この方法でやってみよう」と倉持医師は考えた。


(2010年12月9日付 朝日新聞朝刊から)

明日の三話へ続く…

若かれし、俺と伸雄!

「元気!!」と叫んだ写真^-^

a0106975_22327.jpg

[PR]
by happy-kouchan | 2010-12-09 23:47

後輩が…

こんばんわ!

山口宏一です!

今日は、真面目な話です!

自分の後輩、永井伸雄が朝日新聞に載りました!


伸雄とはKRNKとしても一緒にバンド活動したり、平和と文化のイベントを盛り上げたり

共に成長し、共に生きてきた大事な同志であり後輩です!


そんな後輩が、今日より4日間、朝日新聞朝刊の「生活」に掲載されることが決定した!

その経緯はハンパない。


昔から伸雄には右腕に黒いあざみたいのがあった。

生まれつきの病気だ。

彼はそれと付き合って23年間生きてきた。


俺もよく触ったりして痛々しさをみてきた。

彼は五体満足に今は暮らしているが幼いころからの、

病気との闘いは凄まじいエピソードがある


そんなエピソードを朝日新聞が取り上げたのだ

本当に心から感動した。

伸雄からこのメールが来たときは

「すげー!マジか!?えーー??」

の連発で、ならびに友人に報告しまくった!


これほどの喜びはない。

この新聞を見てきっと勇気付けられる人が居る。

そのために、「この病気と付き合ってきた」


と、思ったら、同じように悩む方に勇気を与え、励ませるんだ

伸雄にはそういう使命があったんだな。


そう思ったら、涙が止まらなかった。


伸雄はいつも明るいし、感謝を忘れない。

でも、影で悩んでる姿も見てきた。


その苦悩が、きっといろんな人に届くんだ

絶対、勇気に変わるよね

本当に凄いよ伸雄!

おめでとう。

毎日新聞買いに走るからね!



新聞に載った記事を紹介して終わりにしたいと思います!



プロのミュージシャンを目指す千葉県の大学生、
永井伸雄(ながい・のぶお)さん(23)は、生まれつき、
右の腕から肩にかけて茶色のあざがあった。
3、4歳のころ、内科医に「皮膚科で診てもらったほうがいい」と言われた。

母(55)は病院の皮膚科に連れて行ったが、特に病名を告げられず、
薬も処方されなかった。「そのうち消えるだろう」と思い、病院から足が遠のいた。

小学校の高学年になると、上腕にあったあざの部分が徐々に膨れ、
その周りにだけ毛がたくさん生えてきた。
「ぶよぶよ」とあだ名をつけられ、からかわれた。
両親が言う「やけどのあと」という説明を信じていた。

膨らみはどんどん進み、こぶのようになった。
「やけどのあとにしてはおかしい」と思ったが、深くは考えなかった。
両親にも疑問をぶつけなかった。

母も「いつかは手術を受けさせなければ」と思いながら、話を切り出せずにいた。

健康診断で医師に「これ、どうしたの? 病院は?」と聞かれたことがある。
「小さいときからあって、病院には行ってません」と答えると、
それ以上何も言われなかった。

中学3年の冬。
体育の授業中にふざけて友達の足を引っぱっていたら、
突然、自分の右腕が動かなくなった。

脱臼を疑った教師に付き添われ、整形外科医院に行った。
X線写真を撮ったあと、医師は「うちでは診られません」と言い、近くの病院を紹介された。

上腕の骨が斜めに折れていた。手術で器具を入れ、骨をつなぐことになった。

このころ、腕のこぶは小ぶりの卵くらいの大きさになっていた。触ると柔らかかった。

手術後、永井さんの両親は医師から、
「骨をつなげられませんでした」と告げられた。
折れた骨の片方は軽石のようにもろく、もう一方は異様に硬かったからだという。

出血は当初の予想を大幅に上回る1500ccに達したと聞かされた。

医師は「骨肉腫という骨のがんかもしれません。
脳にも腫瘍(しゅよう)のような影があります」とも言った。
詳しい検査を受けるため、都内にある大学病院を紹介するという。

腕のこぶについては、
埼玉医大病院(埼玉県毛呂山町)の皮膚科を受診するように勧めた。
医師は、皮膚などに腫瘍ができる難病「レックリングハウゼン病」を疑っていた。

    ◇
 「患者を生きる 茶あざ」は4回連載します。

ということで、今日から4話になって届けられるのです

よかったら見てやってください^-^



KRNK
の写真。
伸雄は右から二番目!

a0106975_319428.jpg

[PR]
by happy-kouchan | 2010-12-08 23:02

SATYライブ

先日、日曜日にSATYでライブをしてきました!

以前から、SATYサミットを開き、よりお客さんが楽しんでいただけるように

メンバーで話し合いを設けてきました!

実は、その話し合いの成果を出す第一弾がこの前の日曜日でした!

まだ、実験途中ではありますが、いろいろ変わっております!

何かわかりますか?


小さなことも変わってますよ^-^

例えば椅子の配置とか!

影の努力です!

陰徳あれば陽報あり、


きっと些細な行動が大きな結果になると信じています!

他にもありますが、その前にライブの状況を書きます!


まず、今回のトップバッターは

主催者の原さんからでした。


原さん今回の曲の中で、スピッツと、ガーネットクロウの曲が珍しいなー
と、思うと同時に、うまいなー、やっぱり原さんの声は素敵だなー

ってしみじみ思いました。

なにより、楽しそうな気持ちが声に出ている気がして感動しました。


そして、原さんのライブの後に4人でセッション!

なんといきなり前半からセッションが来ました!

しかも、インストもとり入れ、新しいsunday SATY'sとなりました^-^

ちなみに僕はパーカッション。

原さんにプレゼントしていただいた、ミニボンゴで頑張りました^-^


雰囲気はこんな感じ!

a0106975_0452278.jpg


今の写真は後半の4人のセッションの写真だけど、前半もこんな感じでした^-^


セッションが終わり、いつものソロコーナーへ


今回は安田のソロのときにも混ぜていただき

生まれて良かった
ヒッチハイカー
僕ら
we are singers

を唄ってきました!

a0106975_0285317.jpg


久しぶりの「ヒッチハイカー」

久しぶりなのにノーミスでした(爆)

それが当たり前だね(笑)


その後は堀木のソロ

コタローは最近、ミュージカルのための曲が出来て

クリスマスの曲があります

それが結構よくて、脇からしみじみ聞き入っていました!

あれ、好きです。


そして僕、山口は


日本の朝
栄光の架け橋
勇者の証

と、歌ってきました!


a0106975_104614.jpg


今回はオリジナルとカバーを織り交ぜる形にしました!

やっぱり多くの人に楽しんでもらいたいので
この形がいいかなーと。

ってか顔飛んでるなー!めっちゃ陽が差してたもんな!
仕方ない。みんなごめんなさいね^-^



栄光の架け橋は堀木と唄いました!

a0106975_0515735.jpg


タイトルを言って唄ったときに、

「おー」とどよめきが起こったのが印象的でした!

嬉しかった^-^


この後の「勇者の証」は更に安田が入ってくれて

厚みのある勇者の証になりました!

まさにSATYでしかできない光景であります!

お得^-^


a0106975_054438.jpg



こっからはもういつもどおりセッションコーナーになりまして

WINDHING ROAD

あの素晴らしい愛をもう一度

インストで「オリーブの首飾り」(マジシャンがよく使う唄)
♪タラララララーン♪のやつ


あれを3人で演奏しながら、一人がけん玉を披露

その一人はもちろん、堀木康太郎!!

ど真ん中でけん玉をやりましたよ!!

凄い勇気です!拍手^-^


a0106975_12599.jpg



本当に盛りだくさんで、あっという間に終わってしまった気がします!

そしてたくさん演奏した気がします!


みなさんが「SATYライブ楽しいー」

と言っていただけるようにこれからも頑張ってみます!


ということで様々変化していますが、来月というか

来年から更に変化します!

来年からは13時からではなく、


14時から17時のSATYライブになります!!

みなさんお間違えのないようにお願いします!

また来年は1月の第二週目にありますので

1月9日(日)になります!

宜しくお願いします!^-^

ではまた次ぎは19日!!

「音笑オトワラ」で会いましょう!!
[PR]
by happy-kouchan | 2010-12-07 00:27

マスク

最近のマスクっていろいろありますね!

去年、マスクが大量に売れてから、さらに種類も増えました!

今回、僕がつけているのはこれ!

a0106975_165122.jpg



完全にドナルド・ダック。
口ばしみたいになってるんです。

マスクって、呼吸しずらいけど、これ、すんげー密閉してるのに

息がしやすいんです。

お勧めは別にしませんが、なかなかいいものだと思いました!
[PR]
by happy-kouchan | 2010-12-06 01:09

音笑オトワラ

新曲完成。

いよいよ、19日が迫ってきました。

楽しいライブになるといいな。
[PR]
by happy-kouchan | 2010-12-04 23:40

これうまい!!

最近、コンビニNEW DAYS で発見したお菓子!!


a0106975_12554147.jpg



これおいしい!

ROYCE’のチョコポテチが僕は大好きなんですが、

あんな感じ。

もちろん、本物の方が全然おいしいけど、少しその感覚は味わえますよ!

a0106975_1301312.jpg



気をつけなければならないのは、早めに食べないと持っている手の温かさですぐ溶けます


僕は、一気飲みみたいに手を使わずに口にガバガバーっと放り込んでしまうので

溶けずに食えますが、少し行儀悪いですね!

工夫して食べてみてね^-^
[PR]
by happy-kouchan | 2010-12-03 23:54

二人のドリスに花束を…

今日は、ボイトレの先生としてお世話になった方の一人芝居がありました!

タイトルが「二人のドリスに花束を…」

内容は、ドイツ系ユダヤ人カバレット歌手で女優のジュリージェルソンの娘ドリス。
彼女はナチス手から逃れるために7歳で母とはなればなれになり、アルゼンチンへ。

時は経ち、15歳からカフェの下働きをしながら母との再会を夢見て歌手になることを決心する
そのなかで恋愛が生まれ、だまされ、さまざまな出会いが生まれた。

その出会いが母とのキズナがとして引き寄せておく不思議な出会いと奇跡の物語。

これらに出てくる登場人物を一人で先生は演じるため、とても大変だったと思う。

そのお手伝いをさせていただきました!


a0106975_17465410.jpg


あっ、ボーイの格好しています!

裏方なので、例え見切れても違和感がないように^-^

蝶ネクタイしてますよ^-^


本当に、感動しました!

一年かけてこの舞台作り上げて、ハンパないセリフを一人で覚えて約2時間半分を演技。

すげーかった。

「全てを賭けて望みたい」という気持ちから始まったこの芝居。

その賭ける想いが芝居からいろいろ伝わってきて袖から見ていて泣いてしまった

やっぱり、一つのことを成し遂げるのにも想いがあるとすごくいいものになりますよね


心の部分。

僕も大事にしているところです!


19日の「音笑オトワラ」に向かって追い込みがはじまりました!


僕も頑張ってまいります!
[PR]
by happy-kouchan | 2010-12-02 23:34

静岡最終話

僕のライブが終わったあとは安田隼人の路上ライブ!


a0106975_0384253.jpg


仲間うちから言うのも変ですが、すごくいいライブでした!

構成がよく、勉強になりました!

ありがとうございました!


路上ライブが終わり、気付けば暗くなっていました!

すると、青葉通りはイルミネーションに変わりました!


a0106975_039079.jpg


綺麗でした!

青と白のLED!

大好きだーー!


そんな中小長谷文志は二回目のライブがありました!


a0106975_0415962.jpg



綺麗じゃね?ってか撮りかた上手くね??

あざーす!^-^

コナの二回目のライブでは、カバーで

尾崎さんの「I love you」もありました!

感動しましたね!

やっぱりアレは名曲です!

僕もカバーしたくなりました!


コナのライブが終わって、全てやることは終了しました!

もう千葉へ帰らなきゃ…


でもお腹空いたな。。

何か食べて帰ろう!


そんな話になり、気付けばここに来てました!


a0106975_0445994.jpg


あれ?さわやか再び??

a0106975_0451669.jpg



そうなんです。

本来は静岡のラーメンを味わいたかったのですが、

静岡は眠る街でした。

もう閉まっていて、結局ハンバーグレストラン「さわやか」へ

しかも、前日と同じメニュー!

2連続の「さわやか」でした!

でもそれほど美味しかった!


今もめちゃくちゃ食いたいです!

コナ、19日お土産に持ってきてくれ!

お腹を満たした後は、コナの新しいアルバムを聞きながら帰りました!

とても良いできでした!

コナのまさにBESTでした。

短い時間ではあったけど、充実した2日でした!


みなさん、静岡レポート呼んでいただき、ありがとうございました!

明日より普通のブログに戻ります!

明日はお世話になっている、先生のお芝居のお手伝いです!

頑張ります!
[PR]
by happy-kouchan | 2010-12-01 23:37


日常には様々な出来事があります!全てのことに感謝しながら今日の出来事を綴ります!


by happy-kouchan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

フォロー中のブログ

ライブ情報

現在、「1one」を1000人の心へ届けようツアー開催中!
現在191人の心へ届けました!
CD絶賛発売中です!
ライブ時お声をかけてください!

また通信販売も行っております!

欲しい方は連絡下さい!

♪今後のライブ♪

9月10日(土)
葛西「56’s CAFE」にて
セプテンバーコンサート出演
入場無料 チャリティーライブですので
募金のご協力をお願いします!

START  15:00~22:00
僕は18:00-18:25 山口宏一

最寄り駅
東西線 「葛西駅」徒歩1分


9月11日(日)
妙典AEON(元SATY)にて路上ライブイベント
14時から
僕は15時過ぎから


9月25日(日)
銀座miiya cafeにてライブ
山口、安田、堀木三人主催のイベント
チケット2000円
詳細未定

10月21日(金)
船橋ROOTSにてライブ
7th ANNIVERSARY 『blue』
詳細未定


来られる方はメールをお願いします!

質問や、チケット予約などは
コチラのメールで
kouichi_info@yahoo.co.jp

タグ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧